6月は「共生社会の実現に向けた適正な外国人雇用推進月間」です。

組合案内者
組合案内者

外国人の適正な雇用にご協力ください

企業の皆様へ

出入国在留管理庁が令和5年6月1日から同月30日までの1か月間に「適正な外国人雇用の推進について理解と協力を求めるためのキャンペーン」を行っています。

企業様にも組合からご案内をさせていただきます。

技能実習生、特定技能就労者が十分な技術を身に付け、その力を発揮できるよう、より良い就労・生活環境の整備に努めていただくことにより、日本人と外国人がともに安全に安心して暮らせる共生社会の実現に向けてご協力をお願いいたします。

外国人の適正な雇用における3つの注意点

異文化への理解を深め、お互いを尊重することで誤解が生じないようにしてください。

業務上の指導やアドバイスであったとしても、文化等の違いから相手に嫌な気持ちにさせてしまうことがあることに注意が必要です。

労働時間、業務内容、給料の仕組みや控除の理由など丁寧に説明してください。

技能実習計画、雇用契約や雇用条件の労働関係法令に違反することがないようにご注意ください。

人権に十分に配慮し、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどの人権侵害等の不適正な行為がないか、適切に確認を行ってください。

業務上の必要な指導等であったとしても、暴言や脅迫(例:指示に従わなければ解雇する等の発言等)暴行(例:殴打、足蹴り、工具で叩く等)といった行為は許されません。

組合職員
組合職員

外国人技能実習制度や特定技能の雇用についてのルールや各種のご相談、ご不明な点等ございましたら当組合までご連絡ください。